カードローン最短入ロ

※当サイトはプロモーションが含まれています







消費者金融におけるリスク評価とは何を評価するのか

リスク評価とは

リスク評価とは、ある事象が起こる可能性とそれに伴う損失の程度を評価し、それを前提にリスクに対する適切な対策を計画することです。

消費者金融におけるリスク評価

消費者金融におけるリスク評価とは、融資申込者が返済能力を持っているかどうかを判断するため、以下のような要素を評価します。

  • 収入
  • 職業・雇用形態
  • 借入履歴
  • 借入件数
  • 債務総額
  • 今後の返済計画
  • その他の社会的責任や信用度

消費者金融におけるリスク評価の根拠

消費者金融は、実際に融資を行うことで収益を得ています。
しかし、融資先が返済できなくなった場合には、資産価値の低下や事業の停滞などを招くリスクがあります。
そのため、消費者金融は返済能力をきちんと把握した上で、融資利率や融資限度額などを設定することで、リスクに対する適切な対策を講じています。
また、消費者金融は利用者のプライバシーや情報の保護にも配慮し、リスク評価の正確性と適宜性を確保しています。

誰がリスク評価を行うの?

消費者金融のリスク評価は誰が行うのか?

一般的には消費者金融の内部部署が行う

消費者金融のリスク評価は一般的には、その消費者金融の内部部署が行います。
具体的には、クレジット部署やリスクマネジメント部署などが担当しています。

内部部署は、消費者の情報や申込書類などを基に、収入や雇用状況、借入履歴などを分析して、返済能力や信用worthinessを判断します。
また、クレジットスコアなどのツールも活用されます。

一部の消費者金融は外部の専門機関に委託する場合もある

一部の消費者金融は、リスク評価を外部の専門機関に委託する場合もあります。
この場合は、消費者金融会社のリスク評価基準に基づき、信用調査会社や金融機関、クレジットベアローなどが信用力や返済能力を評価します。

ただし、外部委託をする際には、消費者金融会社と信用調査会社との間で情報の管理の取り決めが締結され、個人情報の保護にも万全の対策がなされています。

根拠

消費者金融会社によるリスク評価の基準は、フィナンシャル・サービス・オーソリティ(FSA)が策定したガイドラインに基づいています。
また、信用調査会社なども、個人情報保護法や金融商品取引法などに基づいて、情報の管理や取り扱いに関するルールを定めています。

リスク評価って必要なの?

消費者金融におけるリスク評価の必要性

消費者金融におけるリスク評価の必要性は高いです。
リスク評価とは、貸付先の返済能力や信用力、返済計画などを評価して、貸し付けのリスクを判断することです。

一般的に、消費者金融は高利率での貸し付けを行うため、貸し付け先の信用力や返済能力を精査しなければ、返済が困難になる場合が多くなります。

リスク評価によるメリット

  • 貸し付け先の返済能力や信用力の分析により、返済リスクが低い人に対して金利を下げることができる。
  • リスク評価を行うことにより、貸し付け先が返済不能に陥るリスクが低く、返済率を高めることができる。
  • 貸し付け先の返済計画をチェックすることにより、返済計画の修正や支援が必要な場合に相談することができる。

根拠

2006年に実施された「金融商品取引業者等等による貸付チェック等に関する調査」において、貸し付けに際し返済能力などが不十分な人に貸し付けを行い、返済不能になることが多いことが明らかにされています。

そのため、貸し付けに際してリスク評価を行うことが、貸し付け先のリスク管理には必要不可欠であるとされています。

リスク評価の方法は何があるの?

消費者金融におけるリスク評価の方法

消費者金融は、貸し出す金額や借り手の信用度に応じてリスクを評価し、返済能力があると判断した借り手にのみお金を貸し出します。
以下に消費者金融におけるリスク評価の方法を紹介します。

クレジットスコアによる評価

消費者金融では主に、クレジットスコアと呼ばれる個人の信用度を総合的に評価する数値を用いてリスク評価を行っています。
クレジットスコアは、過去のクレジット履歴や支払い遅延状況、勤務先や収入などの情報を元に算出されます。
また、費用対効果のバランスを見ながら、クレジットスコアを元に、金利や貸出限度額を決定します。

収入や保証人の有無による評価

クレジットスコア以外の評価基準としては、借り手の収入水準や、保証人の有無が挙げられます。
消費者金融は、借入額が一定の金額を超える場合には、収入の証明書類を提出するよう求めます。
また、保証人がいる場合は貸し出しを行う際によりリスクが低減すると判断され、より柔軟かつ低金利で貸し出しを行うことができる場合もあります。

リスク分散のための複数行動観察

さらに、一つの借り手に依存しないよう、消費者金融は複数の借り手からの情報を収集し、リスク分散を図っています。
具体的には、クレジットスコアのほかに、貸し手内部での独自の基準や、市場の傾向や移り変わり、競合他社との比較などを考慮し、貸し出しの決定を行います。

  • 上記のように、消費者金融におけるリスク評価の主要な方法は以下の通りです。
  • クレジットスコアによる評価
  • 収入や保証人の有無による評価
  • 複数行動観察によるリスク分散

リスク評価結果はどのように活用されるの?

消費者金融のリスク評価結果の活用方法

消費者金融は、融資を行う際に借り手の返済能力を判断するために、リスク評価を実施しています。
このリスク評価の結果は以下のように活用されます。

1. 融資金額や金利の決定

リスク評価の結果に基づいて、借り手の返済能力と信用度を判断して、融資金額が決定されます。
また、リスクが高い場合には、金利が高く設定されることがあります。
そのため、借り手によっては、低金利や高額融資を受けられない場合もあります。

2. 担保の必要性の判断

消費者金融では、融資の際に担保の要否を判断します。
リスク評価の結果、借り手の返済能力が低い場合には、担保の提供を求めることがあります。

3. 融資の承認・却下

リスク評価の結果を基に、融資を承認するかどうかを判断します。
返済能力に問題がある場合には、融資の承認が却下されることがあります。

4. 融資回収手段の決定

借り手の返済が滞った場合に、リスク評価の結果をもとに、融資回収手段を決定します。
返済能力が低い場合には、強制的な債務者引き直しや過料金の請求、あるいは強制執行などの手続きが取られる場合もあります。

以上が、消費者金融でのリスク評価結果の活用方法です。

まとめ

消費者金融におけるリスク評価は、消費者金融の内部部署が行うことが一般的です。内部部署は、申込書類や消費者の情報を分析して、返済能力や信用worthinessを評価します。一部の消費者金融は外部の専門機関に委託する場合もあります。ただし、委託する場合でも消費者金融会社の基準に基づき行われます。

タイトルとURLをコピーしました