カードローン ・申し込みの窓ロ

※当サイトはプロモーションが含まれています







無審査キャッシングが利用できる場合

1. カードローンである場合

  • クレジットカードのキャッシング枠や、専用のカードローンによって無審査で融資を受けることができる場合があります。
  • ただし、利用限度額が比較的低く、借入金利率が高いことが多いという特徴があります。

2. 担保や保証人がある場合

  • 担保や保証人がある場合、信用度に関わらず貸し出しを行うことができます。
  • ただし、その担保や保証人がない場合、利用できないことが多いため注意が必要です。

3. 会員限定のサービスである場合

  • 特定の会員に限定されたサービスにおいて、無審査で融資を受けることができる場合があります。
  • ただし、会員になるためには一定の審査や条件が必要な場合があります。

4. 金額が低い場合

  • 比較的低額な貸し出しにおいて、無審査で融資を受けることができる場合があります。
  • ただし、利用できる金額は限られていることが多いため注意が必要です。

根拠

法律によって、消費者金融などの貸金業者は、必ず審査を行ってから貸し出しをすることが義務付けられています。
そのため、無審査で融資を受けることができる場合には、上記のような条件が該当する場合がほとんどです。
ただし、それでも貸し出しに伴うリスクは存在するため、返済能力や事前に貸し出しの条件をよく確認することが重要です。

無審査キャッシングはどの程度の金額まで借りられるのか?

無審査キャッシングの借入限度額について

無審査キャッシングにおいては、借入限度額が設定されています。
借入限度額は、借りる人の年収や借りる人が持っているクレジットカードの枚数などの要因によって異なりますが、一般的には以下のような範囲内で設定されています。

  • 50,000円未満~数十万円程度

ただし、借入限度額が設定されているため、必ずしも借りられる金額がその上限になるわけではありません。
また、無審査キャッシングは利息率が高くなる場合があるため、返済能力などに応じて借り入れる金額を控えることが重要です。

無審査キャッシングの利用にはどのようなリスクがあるのか?

無審査キャッシングの利用にはどのようなリスクがあるのか?

高金利

  • 無審査キャッシングは、審査が通らない場合や急ぎの場合に便利ですが、利息が高い場合があります。
  • 返済期限を守らないと、遅延損害金などの追加費用がかかり、借金が膨らむこともあります。

サイトの偽装や詐欺のリスク

  • ネット上での無審査キャッシングは、サイトを開設している業者が悪徳業者である場合があります。
  • 偽装サイトにログイン情報を入力してしまうと、個人情報が流出することも考えられます。
  • また、悪徳業者は本人確認をしない場合があるため、借金の被害に遭うこともあります。

借金の連鎖

  • 無審査キャッシングは、即日融資が可能となるため、借金の連鎖に陥りやすいというリスクがあります。
  • 返済ができなくなった場合、別の借り入れ先からお金を借りることによって、借金の金利が膨らむこともあります。

まとめ

  • 無審査キャッシングは、利便性が高い反面、それに伴うリスクも存在します。
  • 業者の選別や、利息や返済期限、借金の連鎖に注意を払い、適切に利用することが大切です。

無審査キャッシングを利用する場合、どのような手続きが必要なのか?

無審査キャッシングを利用する場合の手続き

  1. キャッシングの申し込み
    無審査キャッシングを利用する場合でも、「申し込み」は必要です。
    申し込み方法は、ネットでの申し込み、電話申し込み、店舗での申し込みがあります。
  2. 必要書類の提出
    無審査キャッシングでも、住所、氏名、年齢など基本的な情報や、収入、勤務先、電話番号などを確認するための書類が必要になります。
    代表的なものは、身分証明書(運転免許証、保険証、パスポートなど)、収入証明書(給与明細、源泉徴収票)、口座情報(通帳、カード)、電話番号確認用の公共料金明細書などです。
  3. 審査がない場合は、即日キャッシング可能
    審査がない場合は、必要書類を提出した後、その場で即日キャッシングが可能です。
    審査がある場合でも、最短で当日中に借り入れが可能な場合があります。
  4. 利用限度額の確認
    無審査キャッシングで借り入れできる金額には限度額があります。
    申込み時に確認しましょう。
  5. 返済方法の選択
    無審査キャッシングでも、返済方法は複数あります。
    自動引き落とし、銀行振込み、コンビニ払いなど、自分にあった方法を選びましょう。

ただし、金融庁によって、無審査キャッシングを規制する動きがあります。
消費者金融などが行っている無審査キャッシングがなくなる可能性もあるため、利用する際には注意が必要です。

無審査キャッシングには何が必要なのか?収入証明書や保証人などは必要なのか?
「無審査キャッシングに必要なもの」とは何か?

無審査キャッシングに必要なもの

無審査キャッシングとは無条件で融資を行うというわけではなく、いくつかの条件がある場合があります。

以下に、無審査キャッシングに必要なものをまとめました。

1. 年齢・国籍

  • 20歳以上
  • 日本国籍または永住権保持者

2. 口座情報

  • 銀行口座を持っていること
  • 口座名義が自分と同一であること
  • 口座に振り込み可能なこと

3. 借入金額

  • 初めての利用なら数万円程度(1万円〜30万円程度)

4. 返済能力

  • 正社員またはパート・アルバイトなどの安定した収入があること
  • 収入証明書や保証人は原則として不要
  • 但し、収入証明書を提供することによってより高い融資を受けられる場合がある
  • 返済能力があると判断された場合に限り、審査無しで融資を受けられる

ただし、消費者金融各社で条件が異なる場合がありますので、詳しくは各社のウェブサイト等で確認することが必要です。

まとめ

無審査キャッシングの借入限度額は、借りる人の年収や持っているクレジットカードの枚数などの要因によって異なり、50,000円未満~数十万円程度の範囲内で設定されています。ただし、リスクがあるため返済能力や条件をよく確認することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました